参加者の声

VOICE


(最終更新:2022年08月19日)

気付けなかった自分の価値観を、ThirdTalkで出会ったカウンセラーさんに見つけてもらえた。

VOICE

気付けなかった自分の価値観を、ThirdTalkで出会ったカウンセラーさんに見つけてもらえた。

最終更新:2022年08月19日)

東京って冷たくて・・・コミュニティの必要性を感じていた。

  • 先日はご参加いただきありがとうございます。
    まずはどういった経緯で参加しようと思ったのか教えて下さい。

  • コロナ禍で、なかなかマスクを外して話すこともなくなったし、行動もすごく制限されるようになりましたよね。
    人と人との繋がりが希薄になっている気がしていて、そんな時にThirdTalkを見つけました。
    オンラインだけどマスクを外して、同じ悩みを抱えた人とお話をする。
    そういうコミュニティにとても興味を持ったので参加することにしました。

  • なるほど、ありがとうございます。
    コミュニティに興味を持っていただけたんですね。

  • 以前電車で倒れちゃったことがあって、その時に手をいっぱい踏まれたんです。
    でもパニック状態だと言葉を発せないので、痛いの「い」が言えない、助けての「た」も言えない。
    目は開いているんだけど、誰かに訴えかけることが出来ても声が出せない。

  • 大変でしたね・・・。
    私もパニック障害の方とお話する機会があって、どれだけ苦しいのかを初めて知りました。

  • 地方出身なこともあって、そんな経験もあったので、東京ってなんだか冷たいなと思っています・・・(笑)
    だからこそ、コミュニティや繋がりは必要だと感じていました。

対話の中で出会ったカウンセラーさんに見つけてもらった新しい自分

  • 参加してみてご自身に変化や気づきなどはありましたか?

  • パニックになって嫌だなとか普段は周りに言えないちょっとした悩みをはきだすことが出来て、すごくスッキリしました。
    日頃1人で抱えている悩みの話をしたり聞いたり、共感しあいながら対話をすることは自分にとってプラスでしたね。

  • よかったです。
    たしかに症状を理解してくれてないと話せないことはありますよね。

  • スッキリはしたんですが、自分自身に行動や考え方の変化があったかというと、すぐには起きてはいないです。
    ただ、そこで知り合った人のカウンセリングを受けてからは少し変化はあったかなと思います。

  • 会の後にカウンセリング受けられたんですね。
    ThirdTalkはカウンセリングのハードルを下げることも目的にしているので、それはとても嬉しいです。

  • 対話の場の中で、色んな人の話を聞いたり、受け答えしている姿を見て、自分に合いそうなカウンセラーさんだなと思ったんです。
    気が合いそうだな、と。
    だからより深く、その方のカウンセリングを受けてみようと思いました。

  • カウンセリングの課題として、カウンセラーさんがどんな人か分からないから受けられないというものもあると思いますが、対話の場で何となく人となりは分かりますよね。

  • そうですね。
    カウンセリングを受けた中で、私自身特に大きな課題はなかったけど、自分のバックグラウンドや将来のことなど、頭の整理が出来たのでとても良かったです。
    自分と日頃向き合えるタイプだと思ってたんですが、気の合うカウンセラーさんと話すことで見付けてもらう自分があることを感じました。
    きっかけはThirdTalkの場で、そこでのご縁でカウンセリングに繋がって、発見があったので、とても感謝しています。

ThirdTalkの対話はカウンセリングよりも手軽な心のケアになる

  • メンタル課題って悩みが顕在化してから初めて目がいくので、気付いた時には結構手遅れになってるんじゃないかなと思っています。

  • そうですね。
    悩みがないのに相談をしようとはならないかもしれないです。

  • 元気な人でも、たまにメンタルが落ちることはあるから、普段からケアすることは必要だと思ってますし、そういう意味でカウンセラーさんって潜在的な悩みを引き出すプロなので、手遅れになる前に対処できますよね。

  • 単なる悩み相談ではなくって、聞くプロですからね。
    自分や周りの人だけでは気づけないこともあると思います。

  • もちろん普段からカウンセリングを受けることでメンタルを安定させるのは良いことだと思いますが、それだとハードルが高いと感じる人が多いかもしれない。
    ThirdTalkはカウンセリングとまではいかないですが、同じ悩みを持つ人での対話なので、何となく話している中で、参加者からの意見も含め、自分自身が気付けてない悩みに気づけるなと感じました。

  • そういった潜在的な課題や悩みに気づける場所として利用していただくのはとても嬉しいですね。

話してみたいテーマ・参加した方が良さそうな人

  • 話してみたいテーマや参加した方が良さそうな人はいますか?

  • 心の病気を経験した人だけでの対話もいいとは思うんですが、そういう人達だけだと、ネガティブになりすぎてしまうこともある。
    ポジティブな言葉が出てこないのは避けた方がいいのかなと思います。
    例えばですが、日常にあるテーマで話してみるといいかもしれないですね。
    「ダメだと分かっていても缶コーヒー2本飲んでる僕たちの会」
    「優先席に座って、あとから罪悪感にかられている私の会」
    「最近、残業しすぎて眠りにつけない会」とか。
    普段何気なくやっていることだけど、こういう人達って共通点がありそうじゃないですか?

  • それ、とても面白そうですし、共感がすごいです(笑)

  • あとは、病気でいつもと違う自分になって、でもそれを受け入れられない人はいると思う。
    その人達って自分のことを認めてあげられないし、自分で自分をほめることが苦手だと思うんですね。
    だから、「ただただ褒めてあげる会」とかも面白いじゃないかと思います。
    そんなことでも褒められていいんだ、って気づけたらもっと自分を甘やかせるじゃないですか。

  • いいですね、褒める会。
    色々とアイデア頂けてうれしいです。
    本日はありがとうございました!

あなたも対話に参加してみませんか?

ThirdTalkでは様々なテーマで対話を行っています。
まずはあなたの課題や悩みに
合ったテーマがあるかのぞいてみませんか?