コラム記事


(最終更新:2022年08月25日)

いい会社だけど辞めたい…仕事を辞める判断基準と退職までの準備を徹底解説

居心地がいい会社だけど辞めたいと考えていませんか? 社風が自分に合っていると感じても、人間関係の悩みや給与面での不満などはあるものです。 中にはライフスタイルの変化をきっかけに、今の会社を辞めるかを悩む人も少なくありません。 今回は、いい会社だけど辞めたい、辞めるべきか迷うという人に向けて仕事を辞める5つの判断基準を紹介します。

いい会社だけど辞めたいと思う理由とは?

いい会社だけど辞めたいと思う理由は人それぞれです。

辞めたいと感じるきっかけには、社内の方針変更や部署異動、職場での悩み、将来への不安などが挙げられます。

今回は主な理由として下記の4つを解説しますので、参考にしてみてくださいね。

  • 居心地はいいけど仕事にやりがいがない
  • 仕事は満足しているが人間関係に悩んでいる
  • 会社や自分の将来に不安を感じている
  • ライフスタイルに合わない

1.居心地はいいけど仕事にやりがいがない

仕事にやりがいがないと辞めたいと考える人も多いです。

仕事のやりがいには、仕事に関心を持てるか、仕事で得られる達成感などが挙げられます。

他にも仕事量に見合った給与でないことを理由に、いい会社だけど辞めたいと考える人もいます。

2.仕事は満足しているが人間関係に悩んでいる

一方で、仕事内容にやりがいを感じつつも、職場での人間関係に悩みを抱えている場合には、今の会社を辞めるべきか迷う人もいます。

特に上司や同僚からのハラスメントを受けている場合には、心身の不調を起こす前に早めに会社を離れることを検討しましょう。

仕事でのストレスは一人で抱え込まず信頼できる人に相談することが非常に大切です。

3.会社や自分の将来に不安を感じている

会社の方向性に不安を感じたり、自分のスキルアップを期待できなかったりするときには、いい会社だけど辞めたいと考える人は少なくありません。

今後のキャリアビジョンを考えたときに、今の会社では実現できないと感じる場合には、転職でキャリアアップを目指すことも方法の一つです。

4.ライフスタイルに合わない

結婚や出産、親の介護など、ライフスタイルが変化したときも、仕事を辞めたいと感じる人が多いです。

転勤の多い仕事だったり、出勤が不規則だったりすることで、自分の今のライフスタイルに合わないこともあるでしょう。

今の会社のままライフワークバランスを見直すなら、社内の係替えや部署異動の希望を出してみるのもおすすめです。

いい会社だけど辞めたいと思ったらこの5つをチェック!

ここまで、いい会社だけど辞めたいと思う理由について解説しました。

中には会社を辞めるべきか、決断できない人もいるかと思います。

辞めるか今の会社を続けるか迷ったときは、下記の5つのポイントで判断してみてください。

  • 部署異動などで悩みは解決できないか?
  • 今の会社で成長できることは他にないか?
  • 転職によるメリットが具体的にイメージできるか?
  • キャリアプランのの軸は何か?
  • 今の自分に転職活動をする余力はあるか?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.部署異動などで悩みは解決できないか?

いい会社だけど辞めたいと感じる場合は、「今の会社で悩みを解消できないか」を考えてみましょう。

例えば、仕事内容に不満がある場合では部署を移動することでやりがいを感じられる場合があります。

今の会社のままでは、理想のキャリアイメージと合致しないと感じたら、辞めることを決断すると良いでしょう。

2.今の会社で成長できることは他にないか?

今の会社で成長できる余地はないか確認しておくことをおすすめします。

具体的には、チームリーダーや役職に就くことで今までの仕事内容と大きく変化し、新たな業務から吸収できることも多くあるものです。

今の職種や立場から一歩先のところに、自分の理想とする働き方がないか探してみることも忘れないようにしましょう。

3.転職によるメリットが具体的にイメージできるか?

いい会社だけど仕事に不満や悩みがある人は、転職することのメリットが具体的にイメージできるかを確認してみましょう。

例えば給与面での不満は、転職先のキャリアアップだけが解消方法ではありません。

今の会社で役職についたり、資格取得による手当をもらったりすることで不満を解決できる場合もあります。

転職先が今の会社よりも待遇がいいとは限らないので、焦らずに判断すべきです。

4.キャリアプランの軸は何か?

いい会社だけど辞めたいと考えている人の中で、転職の軸や今後のキャリアプランが明確でない人も少なくありません。

不満があるから今の会社を退職するという決め方では、辞めたことを後悔する場合があります。

年収を上げたい、ライフワークバランスを見直したい、転勤のない仕事がしたいなど、今後のキャリアプランを明確にした上で、会社を辞めるか判断すると良いです。

働く上で大切にしたい価値観などを洗い出すといった「自分と向き合う時間」も大切にしてみてください。

5.今の自分に転職活動をする余力はあるか?

激務が続いていて仕事を辞めたいと考えている人は、決断する前にまずはゆっくり休むことをおすすめします。

今の仕事を辞めるということは、転職や起業の準備が必要となります。

活動できる余力がないままでは、自分が納得できる会社と出会えなかったり、起業することができなかったりするリスクもあるので注意が必要です。

また、少しでも心身に不調が現れているなら、精神科や心療内科への受診も検討してみてください。

今後を冷静に見据えることができる状態で、今の会社を辞めるかを判断していきましょう。

辞めることを決断したら|退職までに準備すべきこと

いい会社だけど辞めたいと考えている人の中で、辞めることを決断できたら退職までに準備すべきこともチェックしておきましょう。

会社を辞めて転職活動をすることは時間も労力もかかります。

あらかじめ準備しておくことは、転職活動中の不安を和らげることにもつながるはず。

最後に3つの準備すべきことをご紹介します。

  • 転職サイトなどで情報収集
  • 副業や自己研鑽でスキルを磨く
  • 自分の経験や価値観を洗い出す

1.転職サイトなどで情報収集

会社を辞めることを決断したら、まずは転職サイトや転職エージェントなどに登録するのがおすすめです。

転職活動を始める前に登録しておくことで、早めに求人情報をチェックしたり、転職活動のセミナーなどに参加できたりします。

転職に関する情報をいつでも目に留まる状態にしておくことで、次の行動も起こしやすくなるでしょう。

2.副業や自己研鑽でスキルを磨く

今の会社に在籍しているうちに、スキルを磨くことも準備のうちの一つです。

仕事の都合や家庭の事情ですぐに会社を辞められない人は、副業、資格取得やセミナーへの参加を通じてスキルアップを目指していきましょう。

副業は、現在の職種を活かしたものだけでなく新たにチャレンジすることもいいですね。

また、転職先で活用できそうなスキルを身につけるために勉強をしておけば、辞めた後の安心材料になり得るでしょう。

3.自分の経験や価値観を洗い出す

転職活動を始める前に、「自分の経験や価値観を洗い出しておく」ことは非常に重要です。

これまでの仕事での経験が今後どのように活かせるのかを考えたり、大切にしている価値観を見つけたりしておくことで、スムーズに転職活動を進めることができるでしょう。

一人で自分と向き合うことに難しさを感じる人は、転職のプロである転職サイトに在籍しているキャリアアドバイザーへ相談することから実践してみてくださいね。

まとめ|いい会社だけど辞めたいと感じても焦らずに行動しよう

今回は、いい会社だけど辞めたいと考えている人に向けて、仕事を辞めたいと考える理由、辞める際の判断基準、転職前に準備すべきことを解説しました。

今の会社のままでは、自分が理想とする働き方が実現できないと感じたら、一歩踏み出して転職を目指してみてください。

しかし辞めることを決断するときや、転職活動では多くの時間と労力を要すものです。

もう疲れたから辞めたいと今仕事に対して悩みのある方は、まず十分な休息を取ることを心がけてくださいね。

前向きにこれからのことを考えて、理想の未来に向かって焦らずに行動していけることを心から願っています。

関連記事