コラム記事


(最終更新:2022年08月22日)

女性のためのメンタルケア!メンタルを安定させるためのコツを解説します

メンタルが弱い女性には、女性特有の理由があります。 身体的、精神的など、その理由はさまざまです。 このページでは、女性のためのメンタルケアの手法を解説しています。 メンタルを安定させたい女性や、自分はメンタルが弱いと感じている女性の方は必見の内容です。

女性のメンタルを安定させるためのコツ

女性のメンタルを安定させるためのコツは、主に3つです。

  • 愚痴は毎日吐き出さない
  • 体調が悪い日を予測し、なるべく無理をしない
  • 自分の気持ちを受け入れ、共感してくれる人に話す

これらの方法は、女性にこそ試してほしいメンタルの管理法です。

試しやすいものをご紹介しているので、自分のやりやすいものから試してみることをおすすめします。

愚痴は毎日吐き出さない

愚痴を毎日吐き出さないことは、女性のためのメンタルケアの方法です。

毎日のように愚痴をはいてしまうと、毎日のように自分自身をネガティブな感情で煽っていることになります。

それを避けるためにも、愚痴は毎日吐き出さないようにしましょう。

日々の愚痴はある程度心にとどめておき、週に1度だけ、一気に吐き出しましょう。

このタイミングまでは、愚痴やネガティブな感情は押さえてください。

感情をいったん飲み込むことで、ネガティブな感情に自分が煽られることがなくなります。

つまり、感情に流されることなく合理的な判断をすることができるようになるのです。

合理的な判断は、直面した問題を解決する力をくれるでしょう。

愚痴を毎日吐き出さないことは、女性にとって効果的なメンタルケアの一つなのです。

体調が悪い日を予測し、なるべく無理をしない

体調が悪い日を予測し、なるべく無理をしないことも、女性のためのメンタルケアの方法です。

女性は、ホルモンバランスの影響で体調が変化しやすいのが特徴です。

体調が悪い時期に無理をしてしまうと、メンタルは不安定になります。

たとえば月経の前後や排卵日の前後です。

この時期の女性は感情が不安定になりやすいので、なるべく無理をしないことが賢明です。

他にも、女性は更年期障害の時期にも無理をしないことが重要です。

更年期障害の場合、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少します。

これにより、心身に不快な症状が現れるのです。

そのため、40代以降の更年期障害の時期には、生活習慣から無理をしないことが女性にとって重要なのです。

どちらにせよ、心身の不調が続く場合には、婦人科の受診をお勧めします。

自分の気持ちを受け入れ、共感してくれる人に話す

自分の気持ちを受け入れ、共感してくれる人に話すことも、女性にとって必要なメンタルケアの方法です。

相談や愚痴を吐く相手を選ぶことは、女性にとって非常に重要です。

相手を選ぶポイントは、自分の気持ちを受け入れてくれるかどうか、ということと、共感ができるかどうか、ということです。

女性にとっては、最後まで話を聞いて受け止めてくれる人を探すことが必要になります。

あくまで静かに、冷静に話を聞いてくれる人を選ぶことが女性のメンタルケアのポイントです。

女性はホルモンバランスや更年期などもメンタルに影響する

女性の場合、ホルモンバランスや更年期などもメンタルに影響してきます。

特に影響されるのが、月経周期です。

排卵後から月経前までに高まる女性ホルモンである「プロゲステロン」は、憂鬱感や焦り、いらだちなどの感情を招くものです。

また、月経前の時期には、月経前症候群(PMS)の症状が現れやすくなります。

PMSは月経の開始とともに軽くなっていきますが、貧血などの影響で月経後もだるさが抜けない女性も少なくありません。

女性はホルモンバランスなどによって身体の変化にメンタルが影響されやすいのは事実です。

気分と体調が、ホルモンによって安定しにくい傾向にあるのです。

メンタルが弱い女性の特徴

メンタルが安定しにくい、メンタルが弱い女性には、共通する特徴があります。

ここでは、共通の特徴を6つ紹介します。

  • 他者の評価を過度に気にする
  • 些細なことで落ち込みがち
  • 自分をよく責める
  • 被害妄想が激しい
  • 辛い気持ちが行動に現れる
  • 他人に依存しがち

これらの特徴に当てはまる女性は、メンタルケアの必要性が高いでしょう。

自分と照らし合わせて、自分のメンタルの強弱を考えてみてください。

他者の評価を過度に気にする

他者の評価を過度に気にすることは、メンタルが弱い女性に共通する特徴の一つです。

周囲からどのように思われているのかということに敏感になりがちな傾向があります。

人の顔色をうかがうあまり、行動も消極的になりがちです。

必要以上に周囲を気にしてしまうため、他人から良くない印象を持たれることもあるでしょう。

些細なことで落ち込みがち

些細なことで落ち込みがちなのも、メンタルの弱い女性に共通する特徴の一つです。

仕事のミスをいつまでも引きずってしまったり、「もう終わりだ」と人生が終わるかのように落ち込んでしまうことがあります。

これによって周囲の人に気を遣わせてしまったり、距離を置かれたりすることも珍しくありません。

落ち込まないようにしようと考えるものの、どうしても逃れられず落ち込んでしまう女性が多いでしょう。

自分をよく責める

自分をよく責めることも、メンタルの弱い女性の特徴です。

何かあると、自分が悪いんだとすぐに思ってしまいます。

周囲の人に「あなたは悪くない」と言われても、自分自身は悪いと思ってしまっているため、トラブルに発展することもあります。

メンタルの弱い女性は必要以上に自分を責めてしまうので、少しでも自分を信じてあげることが重要です。

少しでも自分を信じてあげられないと、自分を責めてネガティブな感情を生み、さらにメンタルが弱くなるという悪循環に陥ってしまいます。

被害妄想が激しい

被害妄想が激しいことも、メンタルが弱い女性の特徴です。

被害妄想が激しい女性は、他人から言われたことを悪く解釈する傾向にあります。

このような被害妄想が激しいと、周囲の人との摩擦を生みかねません。

被害妄想によってうまくいかない人間関係も相まって、自分のメンタルにネガティブな影響を及ぼし、弱っていくという悪循環に陥ってしまうのです。

辛い気持ちが行動に現れる

辛い気持ちが行動に現れることも、メンタルの弱い女性の特徴です。

メンタルが弱い女性は、辛さを抑えることができず、なにかしらの行動で表現してしまいます。

例としては、

  • リストカット
  • 過食
  • 物を壊す
  • 泣く
  • OD

などが挙げられます。

これらの行動は自制できない女性が多いため、どんどん悪い方向に進んでいくこともあります。

自分自身について考えてみるのも必要ですし、周囲に辛さを抑えられずに表現している女性がいたら、できるだけ早く対処できるようにサポートをしてあげましょう。

他人に依存しがち

他人に依存しがちなのも、メンタルが弱い女性の特徴です。

この特徴のある女性は、恋人や友人に依存しやすい傾向にあります。

「自分はこの人がいないと生きていけない」と考えているため、いざその人から離れたときに、メンタルを崩します。

極端な対人コミュニケーションではあるため、偏った思考に陥りやすいのも、メンタルが弱くなる要因の一つであるといえるでしょう。

女性には女性なりのメンタルケアの方法を

ここまで、女性のためのメンタルケアの方法を解説してきました。

女性は男性と違い、体調の変化の幅が大きいのが特徴です。

メンタル面も、身体的な体調に影響されやすいものです。

重要なのは、女性には女性のためのメンタルケアの方法があり、自分に合ったメンタルケアをすることです。

是非一度、今の自分に必要なメンタルケアは何なのかを考えてみてください。

一人で考えるのがしんどいなら、医師に相談したり、友人と対話するなど、周囲の人の力を借りても良いかもしれません。

あなたは決して一人ではありません。

この記事を読んだ未来が、あなたにとってより良いものになることを願っています。

関連記事