コラム記事


(最終更新:2022年09月09日)
仕事が続かないと悩むHSPの方へ|原因と対処法を知って自分らしく働こうという記事のアイキャッチ画像です

仕事が続かないと悩むHSPの方へ|原因と対処法を知って自分らしく働こう

仕事が続かない、何回も転職を繰り返していることに悩むHSPの方は少なくないです。 HSPの方が仕事を辞める背景にはHSPの特徴が影響しています。 今回は、仕事が続かないと悩むHSPの方に向けて原因と自分らしく働くための対処法を解説します。 今の働き方に悩みのあるHSPの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

仕事が続かないHSPにみられる4つの特徴

HSPには4つの特性がありますが、HSPの特性は仕事においてメリットだけでなくデメリットとなる場合があります。

HSPの特性を活かせずに働いていると、ストレスを感じやすかったり長く続けられなかったりすることにつながります。

はじめに、仕事が続かないHSPの方にみられる4つの特徴を解説していきます。

HSPの特性とともにしっかり理解を深めていきましょう!

1.完璧主義でミスを引きずりやすい

HSPの方は完璧主義な人が多く、どんなに小さな失敗であってもミスをひきづりやすい傾向にあります。

仕事をする上で、誰しも全く失敗しないことは難しいものです。

しかし、HSPの方は「共感力の高さ」「周囲の些細な変化に気づく」といった特性があるため、人に迷惑をかけたくないと人一倍考えやすいのです。

そのため完璧主義になりやすく、1人で仕事を抱え込んでしまうことも少なくありません。

ミスをしないように、一つの作業に時間をかけてしまうことが多いのも特徴として挙げられます。

HSPの仕事が遅いのは完璧主義が原因?思考の特徴とやめる方法を解説します

2.人間関係を築くことが苦手

HSPの「共感力の高さ」は職場での人間関係にも影響を与えている場合があります。

同僚や上司に相談したり頼ったりすることが苦手なため、職場で孤立してしまう場合もあるでしょう。

また、職場でHSPに対する理解がないために、職場でのストレスが積み重なり仕事が続かないという人も多いです。

3.好奇心旺盛で飽きやすい

HSPには種類があり、必ずしも内向的な人だけではありません。

外交的な特徴を持つHSPは「HSS型HSP」、「HSS型HSE」に分類されます。

HSS型HSPなどの場合は好奇心旺盛であるため、事務作業やルーティンワークは向いていません。

刺激を求めて転職するHSPの方もいますが、HSPの特性ゆえに環境の変化に敏感なため、新しい職場で疲れを感じまた仕事を辞めてしまうといったケースも少なくありません。

HSPの方は仕事を辞めたり転職したりするときは、じっくり検討する時間が非常に大切です。

4.周囲の目や評価が気になる

HSPは人の目が気になりやすいため、職場にいるだけで気疲れする人も少なくありません。

周囲の目を意識しすぎることで、自分のペースで仕事ができなかったり自分よりも周囲のことを優先して自分の仕事が疎かになったりする場合もあります。

HSPで仕事が続かない原因

HSPの方が仕事が続かないと悩む原因は主に4つ挙げられます。

  • 仕事内容がHSPに向いていない
  • 職場や人間関係にストレスがある
  • 臨機応変な対応が求められることが多い
  • 自分のペースで仕事ができない

1.HSPに向いてない仕事内容

仕事が続かないと悩むHSPの方に多い特徴として、HSPに向いてない仕事を選んでいることが挙げられます。

HSPにはさまざまな特徴がありますが、特徴は表裏一体でメリットにもデメリットにもなるものです。

長所を発揮できない仕事内容では、誰しもストレスを感じたり辞めたいと考えたりしやすいもの。

長く仕事を続けたいと考えている人は、まずHSPに向いてない仕事を把握することから始めてみましょう!

①内向型HSPの特徴と向いてない仕事

内向型HSPの特徴は以下の通りです。

  • 集団よりも1人の方が落ち着く・集中しやすい
  • 先を見通して計画を立てることが得意
  • 自分のペースで仕事を進めたい
  • 周囲の感情に左右されやすい

向いてない仕事には、スピード感が求められる仕事やノルマに厳しい仕事などが挙げられます。

②HSS型HSPの特性と向いてない仕事

HSS型HSPの特性は以下の通りです。

  • 人前に立つ機会が多いがミスをひきづりやすい
  • チームで仕事を達成することにやりがいを感じる
  • 直感的に動くことが得意
  • 好奇心旺盛で飽きやすい

向いてない仕事には、事務作業やルーティンワークなどが挙げられます。

2.職場や人間関係にストレスがある

些細な刺激にも敏感なHSPは働く上でさまざまな要因がストレスの原因となっています。

職場環境や人間関係などを見直す、転職先を探す際に労働環境を確認するなどの対策をとることで仕事が続かない悩みを解消することができるでしょう。

職場環境のストレスには下記の要因が考えられます。

  • 電話の音が常に鳴っている
  • 周囲の声が大きい
  • 室内の空調や明るさが合わない
  • 休憩室から仕事場まで食事の匂いがする など

他にも職場での人間関係に悩むHSPの方は少なくないです。

周囲の人と上手く関われないことを気にしすぎるあまり、業務に集中できなかったりミスを繰り返したりしてしまうこともあります。

3.臨機応変な対応が求められる

特に内向型のHSPの方はじっくりと一つの仕事に向き合うことが得意であるため臨機応変な対応ばかり求められることにストレスを感じる場合があります。

例えば、接客業や営業職では多くの人と関わる仕事なので一人ひとりに合わせた対応が求められます。

コツコツと仕事できる環境や職種でないことも仕事が続かない原因として考えられます。

4.自分のペースで仕事ができない

周囲の感情に左右されて集中できない、ネガティブな感情に支配されると悩むHSPの方も多いです。

例えば、同僚が注意されている様子を見るだけで自分も指摘されているように感じることが挙げられます。

仕事が続かないHSPが自分らしく働くため対処法4選

仕事が続かないと悩むHSPの方が自分らしく働くための対処法は以下の4つです。

  • HSPの特性を活かせる仕事を見つける
  • HSPならではの強みや長所を理解する
  • 仕事を完璧にこなそうとしない
  • 仕事の悩みを相談できる場所をつくる

取り入れやすい対処法を見つけてぜひ実践してみてくださいね。

1.HSPの特性を活かせる仕事を見つける

HSPが自分らしく働くには、特性や長所を活かせる仕事を見つけることが非常に重要です。

仕事が長く続かないと悩むHSPの方は、今の職場で部署を移動したり転職先は特性を活かせるか確認したりすることをおすすめします。

HSPに向いている主な仕事は下記の通りです。

  • マッサージ師
  • カウンセラー・セラピスト
  • イラストレーター
  • WEBデザイナー
  • ライター など

HSPの特徴を活かせる天職とは?繊細さんに向いてる仕事の選び方を解説します

2.HSPならではの強みや長所を理解する

自分の強みや長所を理解するために、自分と向き合う時間を作るのもおすすめの対処法です。

仕事が続かない原因には、自分の長所が活かせていないことが原因の一つに考えられます。

過去の経験や現在の仕事で自分の長所を発揮できたエピソードを見つけたら、紙に書いて深掘りしてみましょう。

自分の長所がわからないHSPの方は、まず性格検査を使って自分の特徴を把握してみるのもおすすめですよ。

3.仕事を完璧にこなそうとしない

HSPの方は、周囲の状況をよく見ているため、頼るよりも一人で仕事を完璧にこなそうと考える人が多いです。

相談したくても、周りの人が忙しそうにしている様子を見て声をかけるのをためらう人も少なくありません。

しかし、周囲の人の力を借りることは決して迷惑なことではありません。

聞きたい内容をまとめたり、自分で改善策を考えてから相談したりするなどの工夫をして周囲の人と一緒に仕事に取り組むことも大切です。

4.仕事の悩みを相談できる場所をつくる

仕事の悩みを一人で抱えているHSPの方は、相談できる場所を見つけましょう。

悩みを打ち明けることで、自分の気持ちを整理しやすくなりストレスを発散することにもつながります。

この記事では主な相談先を3つご紹介しますのでぜひ活用してみてくださいね。

①家族や友人に話す

家族や友人など身近な人は、あなたの長所や苦手なことをよく分かっている理解者でもあります。

仕事の悩みを話してみることで、自分だけでは思いつかなかったような、解決策を見つけるきっかけにもなるでしょう。

②仕事に悩むHSPの方と交流する

HSPの方同士で交流する場を活用するのも方法の一つです。

このコラムを運営しているThirdTalkでは、HSPの方同士や同じ悩みを持つ人同士で話す場をオンラインで提供しています。

HSPの方と話す時間で仕事に対する新たな価値観を発見し、他の方の工夫を知る機会にもなるでしょう。

③公共相談サービス利用する

厚生労働省では、働く人向けの相談窓口を設けています。

こころの耳相談」では、電話・SNS・メールで対応しているため働きながらでも利用を検討しやすいのも嬉しいポイントです。

相談する以外にも、「職場のストレスセルフチェック」をしたり「セルフケア」を学んでみたりするのもおすすめです。

仕事が続かないHSPの方は自分責めずに受け入れることから始めよう

「仕事が続かない」「転職を繰り返してしまう」と今悩んでいる人は、まずはその悩みを誰かに打ち明けてみましょう。

一人で悩み続けることは心身ともに健康を崩す要因になりかねません。

職場の人や身近な人に相談しづらい場合には、公共の相談サービスやHSPの人同士で交流できるコミュニティを活用するのも方法の一つです。

HSPの特性や自分の長所を見つめ直してみることで、仕事に対して大切にしたい価値観や今後のキャリアビジョンも少しずつ明確になっていくでしょう。

そして、自分らしく働くために今できることは何か探していきましょう。

今の職場で改善できそうなことを探したり転職する際に、重視する軸を洗い出したりして仕事の悩みを少しずつ解消してみてくださいね。

関連記事