コラム記事


(最終更新:2022年08月22日)

HSPの女性の特徴とは?繊細な女性が悩みすぎないための対策を解説します

女性のHSPには、男性には見られないような特徴・違いがあります。 他にも女性ならではの悩みがあるので、適切な対策が必要です。 このページでは、HSPの女性に見られる悩みの特徴や、悩みすぎないための対策を解説しています。 HSPの気質に悩んでいる女性は必見の内容です。

HSPの女性は人間関係で悩みやすい

HSPの女性は、上司や同僚、家族や友人などの人間関係で悩みやすいのが特徴です。

それに対して男性は、職場におけるノルマや上下関係に悩む傾向にあります。

この違いは、狩猟時代にさかのぼるとわかります。

はるか昔、男性は他人と争い、食料を調達していました。

女性は、周囲と協力・協調しつつ、子どもを育てていました。

そのため、男性は狩猟時代の役割の名残である「ノルマ」や「上下関係」が脳に影響を与えているのでしょう。

対して女性は、周囲と協力・協調していた名残で、「人間関係」に悩みやすいよう、脳に影響を与えていると考えられています。

狩猟時代における役割分担の名残が、現代のHSPの女性にも形を変えて現れているのです。

女性のHSPは「感情移入しやすい」傾向にある

女性のHSPは、感情移入しやすい傾向にあります。

HSPを持つ女性の特徴としては、

  • 行動が慎重
  • 気遣い
  • 感情移入

などが挙げられます。

そのなかでも感情移入に関しては、男性よりもHSPを持つ女性に大きく見られやすい傾向にあるのです。

HSPの女性は感情移入をしやすいがために気疲れをしやすく、悩みや不安を抱え込みやすいのが特徴です。

HSPを持つ女性ならではの悩み

HSPを持つ女性ならではの悩みは、主に3つです。

  • 公私の両立が難しい
  • 人間関係がなかなかうまくいかない
  • 仕事で成果が上がらない

HSPの女性に多いのは、職場における人間関係や、家庭と仕事の両立における悩みです。

これらの悩みが当てはまるようであれば、HSPの気質を持っている可能性があります。

ここからは、HSPの気質を持つ女性ならではの悩みを、一つずつ解説していきます。

公私の両立が難しい

公私の両立が難しいことは、多くのHSPの女性が悩んでいることの一つです。

たとえば、家庭を持ちながら働いている女性であれば、育児と仕事の両立に悩む人が多いでしょう。

過程を優先しなければならないとき、仕事で周りにかかる負担や、「自分がどう思われてるのか」などと考えてしまい、気疲れもしやすいものです。

特にHSPの人はマルチタスクを苦手とする人が多いため、公私の両立が精神的な負担になることもあります。

人間関係がなかなかうまくいかない

人間関係がなかなかうまくいかないことも、HSPの女性が抱えやすい悩みの一つです。

HSPの人の特徴として、相手の些細な言動に傷つきやすいというものがあります。

特に女性は、グループを作って行動する傾向にあります。

集団に溶け込むことが苦手なHSPの人にとって、このグループでの行動が苦痛に変わることもあるのです。

結論、人間関係が大きな悩みとなり、うまくいきにくい傾向にあります。

仕事で成果が上がらない

仕事で成果が上がらないことも、HSPの女性を悩ませる要因の一つです。

HSPの特性として、人と触れ合うことが苦手であるという傾向があります。

そのため、営業や接客業などの人と触れ合う職種は不得手なのです。

他にも、HSPの人は深く考えてから行動するという特性があるため、スピード感を求められる職種も苦手とする女性が多いです。

このように、HSPの女性は他の人と比べて苦手とする職種が多いため、「自分は仕事ができない」と考えてしまい、悩んでしまう傾向にあるのです。

HSPの女性が悩みすぎないための対策

HSPの女性が悩みすぎないための対策は、主に3つです。

  • 心を休ませる時間を作る
  • 良い理解者に相談する
  • 自分の気持ちをアウトプットする

HSPの女性は、このような対策を取ることで、悩みすぎずに生きられることが期待できます。

まずは自分のやりやすいことから、実践をしてみてください。

心を休ませる時間を作る

心を休ませる時間を作ることは、HSPの女性が悩みすぎないための対策の一つです。

HSPの女性は刺激に敏感なため、他の人よりも気疲れしやすくなります。

気疲れによって生まれたストレスがたまっていくと、いずれ心身に目に見える形で不調をきたします。

そうなる前に、ストレスを解消することが重要です。

お風呂にゆっくり浸かったり、軽い運動をしたりなど、方法はさまざまです。

自分がリラックスしやすい方法を見つけ、実践していきましょう。

良い理解者に相談する

自分にとって良い理解者に相談することも、HSPの女性が悩みすぎないための対策です。

HSPの女性が悩む原因の一つとして、HSPそのものに対する理解が得られにくいことが挙げられます。

そのため、HSPの気質を理解してくれる人を見つけ、相談することが重要です。

特に似たような気質を持っている人同士であれば、お互いをよく理解しやすいでしょう。

良い理解者に相談することで、自分の気持ちを出すことができ、悩みも軽減されることが期待できます。

自分の気持ちをアウトプットする

自分の気持ちをアウトプットすることも、HSPの女性が悩みすぎないための対策です。

HSPの気質を持っている人は、他人からの影響を受けやすい傾向にあります。

相手の気持ちに左右されやすいため、自分の気持ちを殺したり、見失いがちです。

そのため、自分の気持ちをアウトプットすることが、HSPの女性にとっては必要となります。

おすすめは日記やノートなどに、自分が感じたことをそのまま書き記すことです。

書き出すことで、自分の思考や感情を整理することができます。

自分の気持ちを見失わないためにも、感情のアウトプットは重要なのです。

HSPの女性の特徴を知り、自分なりの対策を

ここまで、HSPの女性には、特有の特徴があることを解説してきました。

HSPの女性は疲れやすく、生きづらさを感じることも少なくないかもしれません。

しかし、自分にどのような特徴があるのかを知り、対策を取っていくことは、自分自身にしかできません。

ちょっとした工夫や心がけで、HSPの女性にとって生きやすくなるかもしれません。

この記事を読んだHSPの気質を持つすべての女性が、これからの人生が少しでも生きやすくなることを願っています。

関連記事