コラム記事


(最終更新:2022年09月13日)
繊細さんがうざいと言われてしまう理由は?繊細さんはうざいと言われない対処法を知っておこうという記事のアイキャッチ画像です

繊細さんが「うざい」と言われてしまう理由と対処法を解説します

あなたは「私繊細で…物事に過敏に反応してしまいます」「繊細で深く考え込んでしまって、人間関係がうまくいきません」と周囲に打ち明けたものの、冷たくあしらわれた経験はありませんか。 人一倍敏感な神経を持って生まれた繊細さん。せっかく自分自身の心の内を打ち明けても、うざいと周りに思われてしまったら「人が怖い」「外出が怖い」「変に思われている」などの対人関係過敏症状が悪化してしまう可能性もあります。 対人関係過敏症が悪化すると、別の人格を作り、本来の自分を見失ってしまう場合も…本来の自分を見失ってしまうと、生きることが辛くなってしまう危険性もあるでしょう。そこでこの記事では、「繊細さんはうざい」と思われてしまう対処法をご紹介します。 「うざい」と言われてもあなたは十分素敵です。本来の自分の姿を大切にして、自分らしく生きていきましょう。

うざいと思われてしまう繊細さんの特徴2つ

ここからは、うざいと思われてしまう繊細さんの特徴を2つご紹介します。

自分の性格や特徴は意外と知っているようで気づけないもの。

以下に解説する繊細さんの特徴を、自己分析を兼ねて照らし合わせてみてくださいね。

1. HSPの特徴がある

繊細さんは、HSP(Highly Sensitive Person:周囲の出来事や音・光に敏感な人)の特徴があります。

アメリカの心理学者エレイン・N・アーロン博士が提唱したHSP。

現在人口の15〜20%の割合で存在しています。

HSPの多くが豊かな感受性を持ち、創造性に富み、高い能力を持ち合わせています。

そのため、日常的に感情的になったり、物事に熱中しやすかったりすることも。

また、HSPの人には以下の特徴があります。

  • 光や音、においや味などの触覚からの刺激だけでなく、脳内イメージにも反応する
  • 人の影響を受けやすい
  • 直感力があり、ひらめきが強い
  • 慎重で、自分のペースで行動することを好む
  • 内的生活を大事にする
  • 自分を取り巻く環境の微妙な変化に気づきやすい
  • 他人の気分に左右される
  • 痛みにとても敏感である
  • カフェインに過敏に反応する
  • 短期間に多くの業務を頼まれると混乱してしまう

HSPの気質を強く持っている人は、精神科クリニックに通ったり、メンタリングを受けたりします。

しかし、HSPは決して病気ではありません。

繊細さんもHSPもひとつの個性として、認識しておきましょう。

2. 化学物質・食品添加物・電磁波などにも弱い

「うざい」と言われてしまう繊細さんは、音や光だけでなく、化学物質・食品添加物・電磁波などにも弱い特徴があります。

化学物質は、一般的に販売されている洗濯洗剤や食器用洗剤、シャンプー、ボディーソープなどが当てはまります。

これらは、合成界面活性剤や芳香剤が含まれており、繊細さんには強い刺激を与えてしまうのです。

食品添加物においては、とくにインスタント食品や冷凍食品が当てはまります。

インスタント食品や冷凍食品を多く摂取した日は、体調もメンタルも不調になることもあるでしょう。

電磁波においては、日常的に使用している携帯電話やパソコンから発せられています。

電磁波を浴びすぎて、日常的に体調不良を感じる繊細さんもいます。

繊細さんはうざいと思われてしまう理由4つ

ここからは、繊細さんがうざいと思われてしまう理由を4つご紹介します。

繊細さんがうざいと言われてしまうのは、自分では気づけない相手を不快にしてしまう理由があるかもしれません。

「繊細さんってうざい」と言われて悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. 些細なことでも反応してしまうから

繊細さんは、前述したように五感以外の感覚にも、化学物質や電磁波、人の感情や場の雰囲気、さらには脳内イメージや痛みにも敏感に反応します。

他の人には感じない些細な刺激にも敏感に反応してしまう繊細さん。

繊細さんの自律神経は、常に刺激されている状態です。

また自律神経の乱れで、頭痛、めまい、吐き気、だるさ、動機などの自律神経症状が日常生活で頻繁に出る傾向があります。

そのため、繊細さんを理解してくれない人からは「普通に生活も送れないの?」「些細なことでも反応しすぎて扱いにくい」とうざがられてしまうことがあります。

2. 依存体質の傾向があるから

繊細さんはパートナーや信頼する上司ができた時に、その人にのめり込んでしまう傾向があります。

繊細さんは、人一倍環境や人からの影響を受けやすい体質があるからです。

実際に繊細さんと接する中で「依存されている」と感じて重く感じてしまう人もいます。

3. 感情の起伏が激しいから

いつも周囲に気を使い過ぎている繊細さんは、神経を昂らせることが多いです。

神経が昂っている時は、一種の興奮状態。

しかし、少しでも自分の苦手な言動や音や光を浴びると、興奮状態が一気に冷めます。

好き・嫌いによって神経の昂りが変動するため、繊細さんの中には感情の起伏が激しすぎる人も。

周りは感情の起伏についていけず「うざい」と感じてしまいます。

4. 楽しい場面でも疲れているから

繊細さんは、周りが盛り上がっている楽しい場面でも疲れてしまう傾向があります。

楽しい場面で大いに盛り上がりたいタイプの人からすると、ひとりだけ疲れている繊細さんは「空気が読めない人」に見えてしまう場合も。

また、繊細でない人は、場の空気が読めないなんて「うざい」と思ってしまいます。

繊細さんはうざいと言われた時の対処法2つ

ここからは、「繊細さんはうざい」と言われた時の対処法を2つご紹介します。

人の性格のとらえ方は人それぞれです。

うざいと言われても、あなたには素敵な魅力がたくさんあることをどうか忘れないでくださいね。

今の自分を大切にして、まずは始めやすい対処法から行ってみましょう。

1. 環境を変えてみる

「職場の人から繊細さんをうざがられている」「家族から繊細な自分をずさんに扱われている」日常生活を送る上でこのように感じているなら、一度環境を変えてみると良いでしょう。

繊細さんは周りからうざいと言われても、「自分が悪い」「自分の周りにいる人を大切にしないからだ」と自分を責めてしまいます。

しかし、あなたはそのままで十分素敵です。

周りに気を配れる、注意を向けられる繊細さんだからこそ、自分の能力を十分に発揮できる環境に身を置き換えてみると良いでしょう。

2. 嫌われる勇気を持つ

繊細さんは自分をさらけ出したのに拒絶されると、捨てられてしまった感情を持ち、人と親密になることを恐れます。

そんな繊細さんを変えるためには「嫌われる勇気」です。どんな人に嫌われても、否定されても、見捨てられても、あなた自身があなたを嫌わなければ物事はうまく進みます。

まずは自分自身と向き合う。そして、孤独を味わう。次に、本当に自分のやりたいことに勇気を持って進めば、道は開けてきますよ。

繊細さんはうざいと言われないための対処法4つ

ここからは、「繊細さんはうざい」と言われないための対処法を4つご紹介します。

誰かを「うざい」と思う感情は、日常生活の些細な行動から生まれています。

今の環境で「うざい」と思われない人間関係を作りたいなら、日常生活から見直していきましょう。

1. ネガティブな発言は避ける

繊細さんはうざいと言われないために、まずはネガティブな発言は避けましょう。

ネガティブな発言は、自分が思っているよりも相手に不快な印象を与えます。

例えば、「自分なんてどうしようもない…」「○○さんから嫌われているかもしれない」などと思っても、人前で発言するのを止めてみましょう。

人前での発言を止める代わりに、日記やブログなどで吐き出してみるとことをおすすめします。

2. 自分の意見を述べるようにする

自分の意見がない繊細さんは、周りから「うざい」と思われてしまいます。

ついつい相手の顔色を伺って他人の意見に合わせてしまう繊細さん。

しかし、繊細ではない人は「この人中身がなくてつまんない」「うざいな」と思ってしまうのです。

自分の芯や意見を大切にして、相手に伝える習慣をつけてみましょう。

3.気を使い過ぎるのを止める

誰に対しても気を使いすぎてしまう傾向がある繊細さん。

気の使いすぎは相手にうざがられてしまう可能性が高いです。

気を使う行為は、相手を思いやる行動でも「裏表がありそう」「自分も気を使いすぎてしまって疲れる」「気を遣われすぎてイライラする」などと相手に思われてしまう場合があります。

過度の優しさには歯止めをかけて、適度な距離感で相手に接していきましょう。

4. 自分をいたわるセルフケアを身につける

自分をいたわるセルフケアを身につけるのも、「繊細さんはうざい」と言われないための対処法です。

騒音や強い光、化学繊維、職場、住居など敏感に反応する刺激を避けても、突発的な出来事には対応しきれません。

繊細さんらしさを突発的な出来事で発揮しないためにも、マイナスの感情や体調不良に対処する方法を身につけておきましょう。

ストレスや敏感さによる疲労回復には、十分な睡眠、適度な温度での入浴、食事の改善、アロマセラピー、ストレッチ、ヨガなどがあります。

人それぞれ合う・合わないは必ずあるものです。

いろいろ試すことで、自分の心と体が本当にリラックスできるものを探してみましょう。

自分でできるメンタルケアのやり方!効果的なセルフケアを紹介します

繊細さんはうざいと言われてもあなたらしく生きましょう

今回は、繊細さんで周りからうざいと言われてしまう人に向けて、繊細さんがうざいと言われる理由や対処法をご紹介しました。

繊細さんがうざいと言われてしまうには理由があります。

しかし、繊細である個性は、他の人にはない特別な才能です。

人にうざいと言われないように振舞うことも大切ですが、本来の自分を見失う必要はありません。

どうか本来の自分を大切に。あなたらしく生きていくことを忘れないでください。

関連記事