コラム記事


(最終更新:2022年11月08日)
教師になりたいHSP必見!向いてない人に共通している5つの特徴を解説という記事のアイキャッチ画像です

教師になりたいHSP必見!向いてない人に共通している5つの特徴を解説

教師になりたいけど、HSPの自分に向いてないのでは?HSPの方の中には、教師になることに対して不安を感じる人も多いです。そこで、今回は、教師に向いてない人の5つの特徴をご紹介します。向いてない人の特徴を理解した上で、HSPの長所を活かせる部分を一緒に見つけていきましょう。

HSPは教師に向いてない?

教師とは「人の教育」を生業とする職業です。

また、教育の目的とは、

  • 人格の完成をめざす
  • 心身ともに健康な国民の育成

と、文部科学省によって定義されています。

生徒や生徒の心身の健やかな健康を維持する上で、教師の役割が非常に重要となるのです。

また、HSPの方は「教師に向いてないのでは?」と不安を感じやすいです。

しかし、HSPに向いてる職業のひとつには「教師」も挙げられます。

まずは、HSPの方が教師になるメリットとデメリットについて見ていきましょう。

参考:第1条 (教育の目的):文部科学省

1.HSPが教師になるメリット

HSPの方が教師になるメリットには、下記の3つが挙げられます。

  • 生徒の成長を喜びに感じる
  • 気持ちに寄り添える
  • 変化に気づきやすい

HSPの特徴には、共感性の高さや感受性の高さがあります。

そのため、教師として生徒の成長や気持ちに真摯に向き合うことが可能です。

さらに、些細な変化にも気づきやすいので、生徒間のトラブルや家庭環境の問題などにも気づけるでしょう。

教育現場では、学力を向上するための指導以外にも人間関係の形成が求められます。

教師は、HSPの特徴を最大限発揮できる職業ともいえるでしょう。

2.HSPが教師になるデメリット

一方、HSPが教師に向いてないといわれる理由として、下記のデメリットが挙げられます。

  • 仕事中に1人の時間を確保できない
  • 時間に追われてつらいと感じやすい
  • 日々変化する環境で疲れやすい

教師は、日々の授業を行う以外にもクラス運営をしたり、学校行事の準備をしたりしなくてはなりません。

忙しなく過ごす時間が多い教師は、HSPに向いてないと感じやすいでしょう。

さらに、HSPの方の特徴として、人一倍繊細で気を遣う傾向もあります。

そのため、教師の仕事内容は、気疲れや体力的な疲れを感じやすいです。

十分な休息とストレス発散がHSPの方には、必要不可欠といえます。

教師に向いてない人の特徴5選

教師に向いてない人には共通した特徴が挙げられます。

共通する特徴は、下記の5つです。

  • そもそも生徒が苦手
  • 人前で話すことが苦手
  • 注意することができない
  • 自分の感情をコントロールできない
  • ストレスを溜め込んでしまう

教師に向いてないと悩んでいるHSPの方は、まず向いてない人の特徴を知ることも大切です。

1.そもそも生徒が苦手

生徒に関心を持てない、生徒と話すことが苦手な人は教師に向いてないです。

教師は、学習計画を立てたり指導したりすることだけが仕事ではありません。

生徒の人間関係や勉強の進め方などに、悩みを抱えていないかを早く気づくことが必要です。

日頃から生徒に興味を持って、寄り添う姿勢が教師に求められます。

よって、HSPの方で生徒と話すことが好きな方は、教師を検討してみても良いでしょう。

2.人前で話すことが苦手

教師に向いてない人の特徴の2つめには、人前で話すことが苦手ということが挙げられます。

教師は授業を進める際や、クラスをまとめる役割を担います。

そのため、他の職種よりも人前で話す機会が非常に多いです。

たとえば、授業をするときは30人程度の生徒を前にして話すだけでなく、わかりやすく教えることが必要です。

時には、想定外の質問を聞かれることもあるでしょう。

また、特にHSPの方は、人に注目されることが苦手な人も多いです。

人の目線が気になってうまく話せない、人前に立つことをストレスと感じやすい方は、教師には向いてないといえます。

3.注意することができない

人に間違いを指摘できない、あるいは優しすぎる人には教師は向いてないです。

たとえば、学校ではルールを守らせるために叱ることもあるでしょう。

また、生徒間でトラブルがあった際には、仲裁したり客観的に話を聞いたりしなくてはなりません。

人を育て、教育する責任の中には、叱ることや注意することが必要なのです。

4.自分の感情をコントロールできない

教師に向いてない人の特徴には、自分の感情をコントロールできないことも挙げられます。

自分の感情をコントロールできないとは、「感情的になりやすい人」ともいえるでしょう。

たとえば、怒りの感情をぶつけるように生徒に指導をしても、生徒たちに本質を理解させることができていないこともあります。

また、HSPの方の中には、マイナス思考や白黒思考が強い人も少なくないです。

そのため、自分に自信を持てずに落ち込んだ感情を自分で切り替えられない場合もあるでしょう。

教育者として、責任を持って働く上で、自分の感情を自分でコントロールすることは必須の条件です。

5.ストレスを溜め込んでしまう

感情の他にも、ストレスをうまく発散できない人は教師に向いていないといえます。

教師として担任を担う際には、「学級経営」が必要です。

30人ほどの生徒をまとめることは、自分の思うように進められず、ストレスを抱えることもあるでしょう。

また、残業が多くなるうちに、仕事とオフのメリハリがつかなくなる方も多いです。

仕事のメリハリができないことで、十分に心身を休ませる時間が不足しやすくなるともいえます。

教師としてHSPが活躍する方法

ここまで、HSPが教師になるメリットデメリット、教師に向いてない人の特徴について解説してきました。

HSPの方で、「教師として活躍したい」と考えている人は、下記の3つを意識してみましょう。

  • 些細な変化に気づいたら声をかける
  • 完璧を目指さない
  • 時間を意識して優先順位を立てる

一つずつ解説します。

1.些細な変化に気づいたら声をかける

教師としてHSPを長所を活かせる場面として、「生徒への声がけ」が挙げられます。

HSPの方は些細な変化に気づくことができる人が多いです。

そのため、「勉強方法に悩んでいるのかも」「クラスメイトと馴染めてなさそう」などに気づけます。

さらに教師として、クラスの担任を受け持つ際には、クラス全体を見渡す能力を発揮することができます。

些細な変化に気づいたときには、細やかなフォローをしたり生徒の意見を確認するような声がけを意識してみましょう。

2.完璧を目指さない

HSPの方は、完璧主義の方も多いです。

しかし、教師の仕事内容は終わりがあるものではありません。

たとえば、生徒にとってよりわかりやすい授業内容にするための準備が挙げられます。

授業時間は決まっており、さらに生徒ごとに理解度は異なります。

完璧に準備することよりも、HSPの特性を活かした授業構成にする方法を考えてみましょう。

HSPの仕事が遅いのは完璧主義が原因?思考の特徴とやめる方法を解説

3.時間を意識して優先順位を立てる

教師は、業務内容も多くさらにマルチタスクになりやすい職業のひとつです。

そのため、マルチタスクが苦手なHSPの方にとっては、ストレスを抱える要因にもなり得ます。

HSPの方は、時間を意識する働き方や優先順位を立てることをおすすめします。

たとえば、下記のような働き方の工夫を実践してみてくださいね。

  • 1日のスケジュールを時間ごとに整理する
  • タスクを書き出して見える化する
  • 期日管理を徹底する
  • 優先順位を立てる
  • 毎朝スケジュールやタスクを見直す

教師になるには?

教師になるためには、大きく2つの要素が必要です。

1つめが、「教員免許」の取得です。

学校で教職課程を履修し、指定された単位を取得したり教育実習したりすることが必要となります。

また教員免許状には学校種や教科によっても異なります。

2つめが、「教員採用試験に合格すること」です。

教員採用試験は、各地方自治体や私立学校で実施されます。

教師は学校以外でも活躍できる

教師として、学校以外で活躍しているHSPの方も多いです。

学校での仕事がつらい、向いてないと感じる場合には他の職場を選択肢のひとつとして検討してみましょう。

たとえば、教師として教員免許を活かして働ける職場には、下記の6つが挙げられます。

  • 塾や予備校
  • 家庭教師
  • 学童保育指導員
  • 放課後児童支援員
  • 幼児教育の講師
  • オンラインスクール

教師になりたいという夢を叶える場所は、さまざまあります。

HSPの長所が活かせる職場を探すことも、教師になる上で大切です。

まとめ|教師になりたいHSPはまず自分の長所を知ろう

今回は、HSPの方で教師になりたい人へ向けて、教師に向いてない人の特徴について解説しました。

HSPは、人の気持ちに寄り添うことが得意な人も多いです。

そのため、生徒と関わる機会の多い教師は、HSPに向いてる職業のひとつともいえます。

一方で、HSPの特徴ゆえに働きづらさを感じることも少なくありません。

長所やHSPだからできることを把握することで、教師としての目標などを明確にすることが可能です。

まずは自分の長所を理解することから始めてみてくださいね。

HSPに向いてる仕事80選|繊細さんが適職に出会うための方法を解説します

 

関連記事