コラム記事


(最終更新:2022年08月22日)

在宅ワークはHSPに向いてる?メリットデメリット・おすすめの職種を解説

働き方に悩みを抱えるHSPの人で「在宅ワーク」が気になる人も多いです。 本記事では、HSPの人に在宅ワークが向いている理由、在宅で働き始めるまでの流れについて解説していきます。 これからの在宅勤務・テレワークの働き方の選択肢として、HSPの特性を活かせるおすすめの職種もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

HSPの人が在宅ワークに向いている理由

HSPの人は、在宅ワーク・リモートワークなどに向いています。

人の目を気にせず働ける環境はHSPさんにぴったりの労働環境です。

HSPの人に限らず、在宅ワークに向いてるといわれる人は以下の通りです。

  • 一人きりの仕事に寂しさを感じない人
  • 自分のペースで仕事を着実にこなせる人
  • 計画的に業務を遂行できる人
  • 文書でのコミュニケーションが円滑にできる人
  • 自己管理を徹底できる人

一人きりで作業することに孤独を感じる人は、在宅ワークには向きません。

一方で、HSPの人は周囲の目が気になりやすいので、出社することで気疲れしたり、仕事に集中できなかったりする人も少なくありません。

一人で仕事を進められる環境は、HSPの人に向いている労働環境といえるでしょう。

他にも、HSPの人の強みとして、危機管理能力の高さが挙げられますが、慎重に自分が置かれている状況を判断できることで、仕事の計画や自己管理が得意な人も多いです。

こういった判断力も在宅ワークやリモートワークに向いている理由の一つです。

HSPさんが在宅ワークするメリットデメリット

在宅ワークを始めたいHSPの人は、まずメリットとデメリットをしっかり把握しておきましょう。

HSPさんにとってのメリット3つ

HSPの人の働き方で在宅ワークやテレワーク・リモートワークを選ぶことで得られる主なメリットは下記の3つです。

  • 人の目を気にしなくて済む
  • 自分で仕事量や働く時間を決められる
  • 人間関係の悩みが減る

HSPさんにとってのデメリット3つ

HSPの人が在宅ワークやテレワーク・リモートワークで働くことで感じる主なデメリットは下記の3つです。

  • 営業力が必要になる
  • 収入が不安定
  • 自己管理が大変

HSPの人が在宅ワークをする方法

ここまで、在宅ワークに向いている理由、メリットとデメリットについて解説してきました。

実際に在宅ワークを検討しているHSPの人は、在宅ワークの手段をしっかり理解しておきましょう。

在宅ワークとは、在宅勤務やテレワーク・リモートワークなど自宅で仕事を行うことを指します。

必ずしも独立することが手段ではないので、ご自身の理想の働き方と照らし合わせながらチェックしてみてくださいね。

①在宅勤務の求人を探す

1つ目に、在宅ワークや在宅勤務の求人を探す方法が挙げられます。

案件は単発のものもあるので、初めて在宅勤務したいと考えているHSPの人にもおすすめです。

在宅勤務の求人や案件は、転職サイト・クラウドソーシングで探せますので、まずはどのような求人があるのかを見てみることからはじめてみるのはいかがでしょうか。

②リモートワーク・テレワークを推奨企業で働く

現在の職場で、リモートワークやテレワークが推奨されている場合は、積極的に活用するのがおすすめです。

社内の部署異動によって在宅ワークが実現できることもあるので、まずは上司に相談してみましょう。

現在の職場で、リモートワークやテレワークができない場合、転職先を探すときに在宅ワークが実現できるような、テレワーク推奨企業を探してみてくださいね。

③フリーランスで在宅ワークをする

在宅ワークと聞くと、最もイメージしやすい働き方がフリーランスです。

フリーランスは、個人事業主としてクライエントと業務締結を行って「委託業務」を行ったり、自らサービスや商品を作って提供したりする働き方です。

在宅ワークをはじめる流れ

在宅ワークを始めるまでの流れは以下の3ステップ。

特にHSPの人で、在宅ワークを始めたい人は、在職中にできることから準備することをおすすめします。

①今の仕事を続けながら副業からやってみる

仕事を続けながら在宅ワークを始める準備をしていきましょう。

HSPの人におすすめの方法は「副業」を始めることです。

社内規則で副業が禁止されているケースもあるので、会社への確認も忘れないようにしましょう。

【HSPの人におすすめの副業】

  • クラウドソーシング経由で業務を受託する(文字起こし・ライティング・動画編集・ナレーションなど)
  • 個人ブログを始める
  • SNS運用を始める

など

しかし、現在仕事をしているHSPの人で、仕事の悩みがあり「すぐに辞めたい」と考える人もいるかと思います。

退職のタイミングは慎重に判断するようにしましょう。

退職後の転職活動は在職中に比べると、不利になる場合があります。

さらに、退職後に在宅勤務できる仕事で起業する場合でも、初期費用などで大きな出費が生じる可能性もあるので注意が必要です。

②在宅ワークで活かせるスキルを身につける

在職中に準備できることとして、在宅ワークに活かせるスキルの習得が挙げられます。

オンラインで受講可能な「キャリアスクール」も多くあり、ライティングスキルやWEBデザイン、動画編集スキルを身につけることができます。

キャリアスクールで身につけられるスキルは、在宅ワークを始める上で非常に役立つでしょう。

さらに、在職中にクラウドワークスで副業する際も、スキルを身につけておくことで高単価で案件を受けることも期待できます。

スキルを磨いて、少しずつ経験を積むことも在宅ワークを続けていく上で大切です。

③転職準備・独立準備

現在の職場で、在宅ワークやテレワークが難しい場合には、転職や独立を検討してみてください。

在宅ワークは、フリーランスでなくとも実現できる働き方です。

「テレワーク推奨」「フルリモートワーク」といったキーワードで求人を探したり、転職エージェントに転職活動の相談をしたりするのもおすすめですよ。

【厳選】HSPの人におすすめの在宅ワーク7選

HSPの人の強みを発揮できる在宅ワークを厳選して7つご紹介します。

今回ご紹介する在宅ワークは、フリーランスだけでなく正社員や派遣など幅広い雇用形態で行えるものです。

まずは会社や派遣会社に属して経験を重ねることで、HSPの人も自信を持って在宅勤務のフリーランスを目指すことにつながるでしょう。

WEBライター

HSPの人におすすめの在宅ワークに「WEBライター」があります。

ライターの仕事は、フルリモートが多く仕事上のコミュニケーションもチャットでのやりとりが多いです。

一人で黙々と作業することが苦じゃないHSPの人に特におすすめしたい職種。

ライターは案件も多く在宅ワークを始めたての人がチャレンジしやすい職種です。

そのため、案件の中には単価が低いものも少なくないので注意しましょう。

WEBライターの仕事は、「クラウドソーシング」に登録し、サイトから応募することができます。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

文字起こし・データ入力

簡単な事務作業の在宅ワークには、文字起こしやデータ入力などが挙げられます。

作業自体簡単なため、単価は安い点がデメリットとして挙げられますが、在宅ワークの最初の一歩としては難易度は低いです。

文字起こしやデータ入力に慣れたころにライティングに挑戦してみるのも方法の一つです。

動画編集

動画編集とは、YouTubeなどの動画コンテンツのなかで不要な部分をカットしたり、字幕つけたりする内容の在宅ワークです。

動画編集のスキルが求められるので、動画編集が気になるHSPの人はまず技術を学べるセミナーやキャリアスクールなどに参加すると良いでしょう。

動画コンテンツは、需要のある分野なので編集技術のスキルは多くの人から求められることが期待できます。

クリエイティブな仕事に関心のあるHSPの人は、ぜひ検討してみてください。

コールセンター業務

コールセンター業務は電話対応だけではありません。

メールやチャットワークで対応するケースも多いため、HSPの人がフルリモートワークを実現できる仕事の一つです。

コールセンター業務として在宅ワークを始める際に自分で準備するのは、パソコン一台なので初期費用を押さえてチャレンジできる在宅ワークといえます。

翻訳家

語学力に長けているHSPの人は、翻訳家として在宅ワークで活躍している人もいます。

細かな言葉の表現に対応する際に、HSPの繊細な特徴が発揮されます。

翻訳家は「語学力」が求められる仕事であるため、誰もがチャレンジできる仕事ではありません。

語学について学んだり留学したりした経験があるHSPの人は、翻訳家を目指してみるのもおすすめです。

デザイナー

HSPの人は、感受性が豊かで芸術的な感性を持つ人が多いため、デザイナーを在宅ワークに選ぶのもおすすめです。

ブロガー

HSPの人におすすめの副業としてご紹介した、ブログ運営はHSPの人に向いているおすすめの在宅ワークです。

自分の興味関心のある分野に特化したブログを書いたり、自分の経験を発信したりするHSPの人も多くいます。

まとめ|HSPの特性に合った働き方を見つけよう

本記事では、働き方に悩むHSPの人に向けて自宅で働く手段として、在宅ワーク・リモートワークのメリットやデメリットについて解説しました。

今回紹介したHSPの人の感性を活かせる在宅ワークは、いきなり始めるのではなくスキルの取得や副業などで準備や経験を重ねていくことでより、HSPの特性を発揮することができます。

自分に合った働き方を見つけることに難しさを感じているHSPの人は、今の職場でテレワークやリモートワークが実現できないか、転職すべきかをまずは考えてみることから始めましょう。

将来フリーランスとして在宅ワーク・フルリモートワークを目標とする人は、スキル習得に励んだり、副業の経験を積むなどして自分のキャリアビジョンにあった働き方を見つけてみてくださいね。

関連記事