コラム記事


(最終更新:2022年08月26日)
HSPが楽になる方法|生きづらさの理由や対処法・心が楽になる言葉をご紹介という記事のアイキャッチ画像です

HSPが楽になる方法|生きづらさの理由や対処法・心が楽になる言葉をご紹介

HSPの方の中には「生きづらい」と感じる人も少なくないのではないでしょうか? HSPが学校や仕事で生きづらさを感じる理由には、HSPの特性が関係しています。 今回は、HSPの方が生きづらさを感じる理由を解説しながら、今よりも楽になる方法をご紹介します。 後半では心がすっと楽になる言葉と考え方も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

HSPが生きづらいと感じる理由

HSPの人が楽になる方法を解説にするにあたり、まずはHSPが生きづらいと感じる理由を解説します。

繊細さんと呼ばれるHSPの方が生きづらさを感じる理由は主に4つあります。

HSPの特性が生きづらいと感じる理由となっているといえます。

  • 深く思考する
  • 刺激を受けやすい
  • 周囲の感情の影響を受けやすい
  • 変化に良く気付く

それぞれ、HSPの特性を解説します。

HSPの特性①深く思考する

HSPの特性には「深い思考力」があります。

物事を深く思考するため、人よりも決断に時間がかかったり、不測の事態を想像しすぎて行動できなかったりする人も少なくありません。

物事を多角的に捉えて検討することが得意であることはHSPの方の長所でもあります。

HSPの特性②刺激を受けやすい

HSPの方は光や音、においなどからの影響を受けやすいです。

そのため、周囲の環境によって集中が続かないと悩む人もいます。

他にも、友人と遊んだ後には気疲れしてぐったりする人も多いです。

HSPの特性③周囲の感情に影響を受けやすい

HSPの方で生きづらいと感じる人の中には、「周りの感情に左右されること」に悩む人が多いです。

例えば、職場の同僚がイライラしていると自分までネガティブな感情に支配されるといった場面が挙げられます。

繊細さんが楽になる方法として、人からの影響を受けないように過ごすことも大切であるといえます。

HSPの特性④変化によく気づく

HSPの方はカフェインの影響を受けやすかったり、天候の変化にいち早く気づいたりします。

そのため、人よりも天候に左右されて体調不良に悩む人も少なくありません。

周囲の人が気にならないようなにおいや音も気になるので、ストレスを感じやすい一面もあります。

HSPが楽になる方法|生きづらさを感じた時の対処法

HSPの方が楽になる方法を4つご紹介します。

日々の生活の中で、人よりも生きづらさを感じる機会が多いHSP。

楽になる方法には、HSPの特性を理解したり、一人時間を充実させることなどが挙げられます。

それでは一つずつ見ていきましょう。

楽になる方法①HSPについて理解する

HSPの特性はメリットにもデメリットにもなります。

繊細さんが楽になる方法として、まずはHSPとは何かしっかり理解することから始めるのがおすすめです。

HSPの特性を理解することで、長所や魅力など良い方向に活かしていくことができます。

HSPはあくまで生まれ持った気質で、病気ではありません。

自分の長所として日々の生活の中で発揮できるよう、HSPのデメリットだけでなく自分の魅力になる要素をたくさん見つけてみてくださいね。

HSPの特徴や向き合い方について知りたい方は、下記の記事もぜひ参考にしてください。

【医師監修】HSPとは?繊細さんの種類や特徴、向き合い方などを解説します

楽になる方法②共感し合える仲間と交流する

HSPの方が楽になる方法には、同じHSPの方と共感しあったり交流したりすることが有効です。

HSPの方の中には、HSPの特性が周囲から理解してもらえずしんどいと感じる人も多いです。

たとえ身近な人でなくとも、理解者がいることで心は楽になり前向きに物事も捉えやすくなります。

本コラムを運営している「ThirdTalk」では、テーマに沿ってHSP同士で交流するイベントも開催しています。

仕事の悩みやHSPの生きづらさを共有する場所もぜひ活用してみることをおすすめします。

楽になる方法③デジタルデトックス

共感力の高いHSPの方は、ネットニュースやSNSでの情報がストレスになっている場合があります。

スマートフォンやパソコンなどのデジタル媒体と距離を置く時間を定期的に設けることもHSPが楽になる方法として有効です。

例えば夜21時以降はSNSは開かず、読書したり家族とゆっくり過ごしたりするなどがあります。

さらにデジタルデトックスをすることで下記のような効果が得られます。

  • 目の疲れが取れる
  • 睡眠の質が高まる
  • ストレス軽減
  • 頭がすっきりする

など

ストレスを感じているHSPの方には特におすすめの楽になる方法です。

楽になる方法④一人時間を過ごす

HSPの方は、人と過ごすだけでも疲れてしまうことも少なくありません。

周囲に気を遣うことなく、自分だけの時間を過ごすことを積極的に増やしてみましょう。

一人の時間を過ごすことは、自分と向き合うことができたりストレスを発散することにつながります。

具体的には、一人でゆっくりと映画鑑賞したり、普段は行かない場所まで足を伸ばして散策したりするなど。

意識的に一人きりで過ごす時間を作るようにしましょう。

そうすることで、HSPの方の生きづらさを少しずつ和らげていくことができます。

一人時間のアイデア

  • 新しい趣味を始める
  • サウナや温泉でリフレッシュ
  • 自宅でゆっくり読書する
  • 日記を書く時間を毎日とる
  • 一人旅をする

など

HSPが楽になる言葉と考え方

繊細さんが楽になる方法として、「自分に優しい言葉をかける」ことも大切です。

HSPの方には、人に優しくても自分に厳しい方も少なくありません。

今回は3種類の楽になる言葉をご紹介します。

自分に言葉をかけることに難しさを感じる場合は、よく目に留まる場所にメモを置いたり、日記を書くときに使ったりするのも方法の一つです。

1.自分を責めない

自分に厳しくしてしまうHSPの方は自分を受け入れることを大切にしましょう。

「今日はこれができた!」

「自分は役に立てている」など

例えば、「通勤途中に電車で周りの人が乗り降りしやすいようにかばんを抱えていた」であれば、周囲の人への気遣いの行動ができたといえます。

自分に厳しい方は、当たり前にしている行動に注目するのがおすすめです。

どんなに些細なことでもHSPの自分だから気づけていることや、行動できていることがあるはずです。

ぜひ小さなノートや日記に自分のできたことを書き留めてみてくださいね。

2.人と自分は違う

周囲の変化にも敏感なHSPの方は、人と比べて落ち込んでしまうこともあります。

人と自分は違うということを、自分へ声がけしてみましょう。

「私はこれが好き」

「相手の意見はこうだった、自分はどうかな?」など

例えば、周囲の人が好きなものでも自分には関心がないことだってあります。

周りに合わせることに意識を向けるのではなく、自分の関心や好きなことは何か?と振り返るタイミングだと捉えてみるのもおすすめです。

相手の意見にモヤモヤしたときに、ぜひ活用してほしい考え方です。

3.完璧でなくていい

HSPの方には白黒思考で完璧を追求していることが多いです。

勉強や仕事など全てが完璧である必要はありません。

目標達成したかどうかだけでは、達成するまでの過程を見落としてしまいがち。

「必ずしも周囲の期待以上に応える必要はない」

「やれることはやったからOK!」

「今は目標達成まで何%できたかな?」など

自分の過程に目を向けて、努力を認めることが大切です。

白黒思考から抜け出すことでHSPの方は楽になることができます。

まとめ|HSPはもっと自分に優しく生きてみよう

今回は、HSPの方が楽になる方法や言葉・考え方についてご紹介しました。

自分に厳しくしすぎたり、周囲の意見に合わせすぎたりするうちにしんどいと感じる時間は増えていくものです。

HSPの方は、意識していなくても人一倍周囲への気遣いをしていることが多いです。

今までよりも少しだけ自分の内面に目を向けてみましょう。

そして、自分の考えや心の声に耳を傾けることを大切にしてくださいね。

今回ご紹介した4つの方法の中から、ご自身の取り入れやすい方法を試してみることをおすすめします。

この記事を通じてHSPの方が、今よりも心が楽になることを願っています。

関連記事