コラム記事


(最終更新:2022年09月20日)
仕事が覚えられないと悩むHSPは多い?覚えられない原因と5つの対処法という記事のアイキャッチ画像です

仕事が覚えられないと悩むHSPは多い?覚えられない原因と5つの対処法

入社したばかりの方や新しい配属先になった方で「仕事が覚えられない」と悩む人は少なくありません。 仕事にはさまざまな業務があり、1つの業務を達成するまでにやるべきことは多くあり、手順を覚えるだけでも一苦労する方もいるのではないでしょうか? 今回は、HSPの方で悩みの多い「仕事が覚えられない」に対する原因と対処法をご紹介します。

HSPの方が仕事を覚えられない原因

HSPの方で仕事が覚えられない原因には、HSPの特徴だけでなく、仕事内容や職場環境が影響していることがあります。

まずは仕事が覚えられない原因が自分の身の回りにないかチェックしてみてくださいね。

  • 仕事内容に興味を持てない
  • 職場環境が合わない
  • 教育体制が不十分
  • 覚えるまでに時間がかかる

1.仕事内容に興味を持てない

HSPの方は特に、仕事への関心度がやりがいや仕事へのモチベーションに大きく影響しているため、仕事内容に興味が持てないとなかなか覚えられないという人も少なくありません。

特徴の一つに「深い思考力」があるHSPの方は、仕事に対して感じた疑問や抱いた違和感をそのままにはできず、色々考え込んでしまいます。

今の仕事にやりがいがある、自己成長を感じられるという環境にすることで仕事に集中しやすくなり、覚えられないという悩みを和らげていくことができるでしょう。

2.職場環境が合わない

HSPの方はいわゆる「繊細さん」といわれるように、周囲の環境から多くの刺激を受け取りながら日々の生活を送っています。

例えば、室内の空調や明るさ、周りの話し声にも意識が向きやすいため、覚えたくても集中ができず、結果として仕事が覚えられない状態になっていることが考えられます。

入社したばかりのときは、余計に周りに気を遣ってしまい気遣いだけで疲れ切ってしまうこともしばしあるでしょう。

HSPの方は仕事を覚えるための環境を整えることも非常に大切なのです。

3.教育体制が不十分

単純に業務内容の引き継ぎや指導が不十分であることも仕事が覚えられない原因として挙げられます。

特にHSPの方は全体を把握することで、自分の仕事の見通しを立てる方が多いためわからないまま仕事を続けることはストレスを抱えることにもつながります。

教育体制が不十分であった場合には指示を待つだけでなく、わからない点を自分から積極的に聞くように心がけることも仕事を覚える上では大切です。

4.覚えるまでに時間がかかる

仕事が覚えられないと悩むHSPの方には、覚えるまでに時間がかかる方も多いです。

時間がかかる理由には、「完璧主義思考が強い」「些細なことが気になり先に進まない」などが挙げられます。

仕事を覚える上で経験を重ね、何度も繰り返すことも重要です。

業務を達成するまでの見通しを自分で立てて優先順位を考えながら仕事をすることで、少しずつ仕事も覚えていけるでしょう。

参考:HSPの仕事が遅いのは完璧主義が原因?思考の特徴とやめる方法を解説

【HSP・非HSP】仕事が覚えられない人の特徴

ここからは、仕事が覚えられない人の特徴から読み解く、仕事を覚える上で重要な3つのポイントをご紹介します。

仕事が覚えられないと悩む人はHSPの方だけではありません。

仕事を覚えるための工夫や行動を理解しておくと、今よりも仕事は格段と覚えやすくなりますよ。

1.自分に自信が持てない

入社したばかりの方や転職したばかりの方などは、わからないことのほうが多いため、自分に自信を持てずに過ごしている人も多いです。

周りの人が当たり前のようにこなす仕事もわからず、戸惑ったり不安な気持ちになったりすることもありますよね。

何かを始めるときは誰しも0からのスタートです。

まずは、素直に周囲の人へわからないことや自分にもできることはないか聞いてみるように心がけてみましょう。

少しずつ自分で担当する機会が増え、経験を重ねていくことで自分に自信を持てるようになり仕事も覚えられるようになっていきます。

2.メモをとらない

仕事を覚えられない方に、教えてもらったときにメモをとらない人が多いのも特徴のひとつです。

仕事中に時間を割いて指導してもらう先輩に何度も聞いているだけでは、自分の経験にならず仕事もなかなか覚えられません。

常にメモとペンを持ち歩き、見返しながら自分でやってみることも大切です。

メモをとった後には、自分で見返すことを想定してまとめ直したり重要なポイントを色ペンでマーカーしたりするのもおすすめですよ。

3.コミュニケーション不足

仕事をする上で、周りとのコミュニケーションは欠かせません。

「報告・連絡・相談」は、仕事のコミュニケーションで重要な部分ですが、仕事が覚えられない方は3つのコミュニケーションが少ないと考えられます。

1つの業務でも自分だけでなく、別の部署や他の担当者と連携しながら進めていくため、情報を共有したり相談したりすることは、仕事を円滑にすることにもつながります。

自分の作業だけでなく、自分の担当した後まで意識してみると、仕事も格段に覚えやすくなり、さらには業務改善策を見つけることもできるでしょう。

仕事が覚えられない理由はHSPの4つの特徴にある

HSPの方には、DOESという4つの生まれ持った特徴があります。

  • 深く処理する(Depth of processing)
  • 過剰に刺激を受けやすい(Overstimulated)
  • 感情の反応が強く、共感力が高い(being both Emotionally reactive and having high Empathy in particular)
  • 些細な刺激を察知する(being aware of Subtle Stimuli)

4つの特徴ゆえに仕事が覚えられないケースも少なくありません。

例えば、共感力の高さは職場において周囲の感情に左右されることにつながります。

新しい仕事で不安を感じているときに、周りでイライラしている人がいると「自分が仕事が遅いことに怒っているのかも」と萎縮してしまうことが挙げられます。

【医師監修】HSPとは?繊細さんの種類や特徴、向き合い方などを解説します

【HSP向け】仕事が覚えられないときの対処法5選

ここからは、仕事が覚えられない悩みを解消するためのHSPの方におすすめの対処法を5つご紹介します。

  • 仕事の優先順位を紙に書き出す
  • 1人で仕事を抱え込まない
  • 仕事の全体を把握し目的を明確にする
  • 仕事に活かせるスキルを身につける
  • 興味を持てる仕事を探す

それぞれ詳しく見ていきましょう。

仕事の優先順位を紙に書き出す

HSPの方におすすめの方法として、優先順位を整理する方法が挙げられます。

新しい仕事は誰しも覚えるまでに時間がかかるため、期日管理を徹底しておく必要があります。

手順を紙の上に書き出し、順番と優先順位を整理した上で自分だけのマニュアルを作ってみるのも良いですね。

紙に書くことで、思考を整理しやすくなるので作業を始める前に、1日のやることをチェックリストにしておくのもおすすめです。

1人で仕事を抱え込まない

HSPの方は周囲の些細な変化にも敏感に気づくため、疑問点があっても相談しづらいと感じ1人で抱え込んでしまう方も多いです。

わからない点や確認したいことが出てきたときには、「教えてもらいたいこと」「このやり方で間違いないか?」など、質問の要点を整理しておくことでスムーズに声をかけることができます。

相手の様子が気になる方は、質問の時間をいかに短くするかを工夫してみるのも方法のひとつです。

仕事の全体を把握し目的を明確にする

深く情報処理する特徴を活かして、HSPの方は仕事の全体を把握するようにしてみてください。

自分の担当する仕事の目的や全体を把握することで、仕事に対する理解度が深まり覚えやすくなります。

何のためにこの仕事があるのかを深く考えることで、今の仕事に対して責任感を持つこともできるでしょう。

仕事に活かせるスキルを身につける

仕事を覚えられずに、経験も重ねられないままでは仕事に対して自信を持つことができません。

今の仕事に関してスキルアップするために自己研鑽に励むことも仕事が覚えられない状況から抜け出すための有効な手段です。

業界の知識を深めたりパソコンスキルを身につけたりすることも、間接的に仕事を覚えやすくすることにつながっています。

興味を持てる仕事を探す

今の仕事を担当してから、月日が経っているのに仕事が覚えられないというHSPの方は、興味がある仕事を探してみるのもおすすめです。

HSPの方の特性を最大限発揮できるような、自分の関心度の高い仕事にまずは副業から挑戦してみるのも方法として挙げられます。

HSPの特徴を活かせる天職とは?繊細さんに向いてる仕事の選び方を解説

仕事にストレスがあるときは転職も検討しよう

仕事が覚えられないときの対処法をご紹介してきましたが、今の職場や仕事内容にストレスを抱えている場合には、転職も視野に入れてみましょう。

転職先を選ぶ前には、自分が興味を持てる仕事や理想の働き方をあらかじめ書き出し、整理しておくことをおすすめします。

今の職場で部署異動ができる場合には、別の部署へ移動してストレスを緩和できるように行動してみてくださいね。

仕事の悩みは1人で抱えずに、周囲の人へ相談したりストレス発散したりしながら過ごしていきましょう。

まとめ|仕事が覚えられないHSPの方は仕事の目的に注目してみよう

今回は、HSPの方が悩みやすい「仕事が覚えられない」について原因と対処法を解説しました。

新しい仕事を任されたときは、緊張や不安もありなかなか思うように仕事を進められずに自信をなくしてしまうこともあるかと思います。

しかし、仕事は経験すればするほど自分のスキルと知識になっていくものです。

最初から完璧にこなすことを目指すのではなく、仕事の本質や目的を理解することをまずは意識してみるのはいかがでしょうか?

仕事を覚えて、やりがいを感じながら働けるようになっていくことを願っています。

関連記事